アロマテラピー検定 アロマセラピスト

アロマセラピスト

アロマテラピーを生かした仕事の中でも、特に専門的な知識と技術を必要とする「アロマセラピスト」をご紹介します。


「アロマセラピスト」とは、アロマテラピーの道を極め、仕事に生かしたいという方に最適の資格です。

一般の人々にトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる能力を認定する資格です。
プロのアロマセラピストとして、あるいはボランティアとして、第三者にアロマテラピーを実践するために適した資格です。

この資格は、他のアロマテラピーの資格に比べ、はるかに多くの知識を必要とし、幅広い分野のことを学ぶ必要があり、取得するために少し時間がかかりますが、取得後は、アロマの専門家として、様々な分野で活躍することができます。
「アロマセラピスト」の資格を取得すると、専門ショップやスクール、サロンなどで働くことができ、また、様々な医療現場で働くこともできます。

この「アロマセラピスト」の資格を取得するためには、まずアロマテラピー検定1級に合格し、「アロマテラピーアドバイザー」の資格取得後に、学科試験、ボディトリートメント実技試験、カルテ審査に合格して、登録手続きを取ると認定されます。

学科試験は、毎年5月と11月に実施され、一次試験と二次試験に合格後、2年2ヶ月以内にボディトリートメント実技試験を受け、カルテ審査を経て合格となり、認定されます。

受験料は、5000円で、登録認定料は、10000円です。

学科試験の受験場所は、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡になります。


アロマテラピーを生かして様々な分野で働きたい方や、アロマの道を極めたい方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。
ユーキャンで資料請求してみました!私の資料請求体験レポートはこちら

アロマテラピー検定関連情報

アロマセラピーの専門的な知識と技術を必要とする、「アロマセラピスト」という仕事をご紹介します。
アロマテラピー検定を十分に生かすことができる、最適な資格です。
こちらで、どんな仕事なのか、どのように活かせるのかをご紹介しています。