アロマテラピー検定 合格率 難易度

アロマテラピー検定の合格率と難易度

アロマテラピー検定を受験しようと思っている方は、その合格率と難易度が気になっていることと思います。

どのくらいの人が合格するのか、また、どの程度の難易度なのかを知りたいという方のために、アロマテラピー検定の2級、1級のそれぞれの合格率と難易度をご紹介します。


アロマテラピー検定2級の合格率は、90%で、正答率80%以上で合格となります。
この数値だけ見ると、合格率は非常に高く、難易度は低い資格に分類されますが、それはあくまでしっかり勉強している方を基準にしています。

いくら合格率が高くても、ほとんど勉強していない方では、合格することが難しいと思います。
特に「香りテスト」は、しっかりそれぞれの精油の香りを覚え、嗅ぎ分ける必要がありますので、しっかり身につけておく必要があります。
逆を言えば、テキストを中心にしっかり学んでおけば、比較的容易に2級に合格することができますので、残りの10%に入らないように、香りテストやテキストをしっかり理解しておきましょう。

正答率が80%以上で合格となり、合格人数がだいたい決められているような落とすための試験ではありませんので、80%以上正解した方全て合格になります。


アロマテラピー1級の合格率も、2級に並んで約90%ですが、1級を受験する方の多くが2級合格者で、アロマテラピーの基礎知識をしっかり身につけている方ですので、難易度はそう難しく感じないかもしれません。
しかし、1級のみを受験する方や、十分な勉強時間を取れていない方にとって、難易度は難しく感じるかもしれません。
合格率が90%あるからといって気を抜いていると、残りの10%に入りかねないので、しっかり要点を押さえて勉強してください。

正答率80%以上で合格です。
ユーキャンで資料請求してみました!私の資料請求体験レポートはこちら

アロマテラピー検定関連情報

アロマテラピー検定を受検する際に気になる、合格率と難易度について説明しています。
検定を受ける際の参考にしてください。
1級、2級それぞれの難易度や合格率、正答率などご紹介しています。