アロマテラピー検定2級 試験内容

アロマテラピー検定2級の試験内容

アロマテラピー検定には、2級と1級があり、試験内容も異なります。

 

ここでは、アロマテラピー検定2級の試験内容をご紹介しますので、試験対策にご活用下さい。

 

 

アロマテラピー検定2級の目的は、「アロマテラピーを自分自身で楽しみ、健康維持のために用いる知識を習得する」ことです。

 

出題範囲は、香りを嗅いで精油名を答える「香りテスト」と、アロマテラピー利用法、安全のための注意、10種類を対象とした精油のプロフィール、精油の基礎知識、アロマテラピーの歴史、アロマテラピーと環境などです。

香りテストの対象となる精油は、イランイラン、オレンジ・スイート、ジュニパーベリー、ゼラニウム、ティートリー、ペパーミント、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリーです。

香りテストの対象となる精油は、上記に挙げた10種類のみで、違う香りは出ませんので、これを押さえておけば大丈夫です。

出題数は、50問で、分野別の出題数は公表されていないので、まんべんなくトータル的に勉強しておく必要があります。
出題形式は、マークシート方式で、制限時間は50分です。

テキストを中心に学んでおけば、そう難しい問題ではないので、余裕を持って勉強してください。
ユーキャンで資料請求してみました!私の資料請求体験レポートはこちら

アロマテラピー検定関連情報

アロマテラピー検定2級の詳しい試験内容を掲載しています。
「香りテスト」の対象となる精油の種類や、マークシート方式のペーパー試験の出題集、制限時間など詳しく説明しています。
そう難しい問題ではないので、余裕を持って勉強してください。